テーマ:禁煙

「ニコチン依存度別に見た喫煙・禁煙の行動経済学的研究」という研究

京都大学経済学部・経済学研究科の依田高典教授による研究です(研究室のサイト、日本語論文へのリンク(PDFファイル))。煙草の価格や死亡リスクといった要素を変動させた際に喫煙者の喫煙志向がどのように変化するかを調べたようです。 まだ詳しくは読んでいませんが、「低依存度」と判定された喫煙者で、かつ「煙草の価格が1箱900円になっても喫煙を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more