「今このキーワードが検索されてます」

『「初音ミク」画像がネットから“消えた”?』記事経由で知ったのですが、こんな検索サイトがあったんですね。次々に現れては消えていく検索ワードを眺めているだけでも、世間の方々の多種多様な興味関心が窺い知れて楽しめます。
(追記:検索ワードには18禁な単語だろうと何だろうとお構いなしに現れてきますので、訪れてみる際はご注意下さい。)


元記事の「陰謀」説が正しかろうと「技術的問題」説が正しかろうと、あるいは他の原因であろうと、危機管理の観点からは複数のお気に入り検索サイトを持っておく方が望ましいのでしょうね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック